抗生物質ジスロマックとは?

バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療

抗生物質ジスロマックとは、マクロライド系の抗生物質で、主に細菌を殺すために使用されます。
細菌が原因の様々な病気に使われており、呼吸器感染症などに多く用いられます。
1日1回の服用を3日間続けることで、7日から14日間効き目を持続させることができる持続効果が長い薬です。
ただし、飲み始めてから24時間後に再度服用し直す必要があり、医師の指示にしたがって服用時間を決めなければなりません。
また、ジスロマックは副作用が少ない薬として有名ですが、稀に重篤な副作用をもたらす場合があるので注意が必要です。
また、軽度の副作用として、「腹痛」、「吐き気」、「嘔吐」、「下痢」などを発症することがあり、数時間程度で治ってしまいますが、それでも治らない場合は直ちに医師に診察してもらったほうが重篤な症状へと発展しにくくなります。
下痢は、赤ちゃんが服用した場合は、起こりやすいため、常に監視しておく必要がありますが、基本的には心配することはありません。
ただし、先ほどと同じように、長時間続くようであれば医師に診察してもらったほうが良いです。
ジスロマックは、飲み合わせの悪い薬はあまり存在しませんが、一部の薬の効果を弱めてしまう恐れがあります。
そのため、医療機関でジスロマックを処方されることになった場合は、予め自分が今飲んでいる薬を伝えることで、ジスロマックを処方するかどうかを検討してくれます。
そして、問題ないと判断されれば、そのままジスロマックが処方されますし、問題があると判断された場合は別の似たような薬を処方してくれます。
そのため、常にお薬手帳を持ち歩き、医療機関で提示することによって、後々のトラブルを回避することができます。